W3C

Web コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン 1.0 のための チェックポイント リスト

この版:
http://www.w3.org/TR/1999/WAI-WEBCONTENT-19990505/checkpoint-list
(plain text, postscript, pdf)
この文書は次のものの付録である:
http://www.w3.org/TR/1999/WAI-WEBCONTENT-19990505
Web コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン 1.0 の 最新版:
http://www.w3.org/TR/WAI-WEBCONTENT
編集者:
Wendy Chisholm, Trace R & D Center, University of Wisconsin -- Madison
Gregg Vanderheiden, Trace R & D Center, University of Wisconsin -- Madison
Ian Jacobs, W3C

<訳者追記> この訳文について

 この訳文は、 "List of Checkpoints for Web Content Accessibility Guidelines 1.0" を biac が試みに翻訳したものであり、 翻訳の正しさは一切保証しない。 あくまでも原文を正とすること。

 訳の誤りや不適切、 あるいは改善などに関する指摘は、 これを歓迎します。 biac 宛にメールしていただければ 幸いです。

 なお、 各チェックポイントの末尾に、 Techniques for Web Content Accessibility Guidelines 1.0 の該当個所へのリンク (「→ Techniques」) を追加した。 これは、 原文に無い。

[ 履歴 ]

要約

このドキュメントは、 W3C 「Web コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン 1.0」 の付録です。 Web コンテンツ開発者のためのチェックリストとして、 (コンセプトにそって編成された) Web コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン 1.0 から、 全てのチェック・ポイントのリストを提供します。 どうぞ紹介のインフォメーション、 関連資料についてのインフォメーション、 条件の用語解説などに関するガイドライン・ドキュメントを参照して下さい。

このリストは、 アクセシビリティのために、 ページあるいはサイトをレビューするために、 使えるでしょう。 それぞれのチェック・ポイントでは、 チェック・ポイントを満足させられるか満足させられないか、 あるいは適用できないかどうかを調べて下さい。

チェック・ポイントのリストの 表になっているバージョンも、 利用できます。 (例えば、印刷用として)

このドキュメントは、 Web アクセシビリティ イニシアティブ の一環として作り出されました。 WAI Web コンテンツ ガイドライン 作業部会 のゴールは、 作業部会綱領 の中で議論されます。

このドキュメントの状態

このドキュメントは、 W3C メンバー、 および他の関係者によってレビューされ W3C 勧告としてディレクターによって支持されたドキュメントへの付録です。 これは、 安定しているドキュメントであって、 参考資料として使うか、 あるいは別のドキュメントから標準的なリファレンスとして 引用されるかもしれません。 W3C の勧告をすることにおける役割は、 仕様への注意を引いて、 その広範囲な普及を促進することです。 これは、 Web の機能、 および普遍性を改良します。

最新の W3C 勧告、および他の技術的なドキュメントのリストは、 http://www.w3.org/TR で 見つけることができます。

このドキュメントは、 Web アクセシビリティ イニシアティブ の一環として作り出されました。 Web コンテンツ ガイドライン 作業部会 のゴールは、 作業部会綱領 で議論されます。

どうぞ wai-wcag-editor@w3.org に このドキュメントについてのコメントを送って下さい。


優先度

それぞれのチェック・ポイントは、 チェック・ポイントのアクセスビリティへの影響に基づき、 作業部会によって優先度が割当てられています。

[優先度 1]
Web コンテンツ開発者は、 このチェック・ポイントを満足させねばならない。 そうしないと、 いくつかのグループは、 そのドキュメントに含まれている情報にアクセスできないことに 気付くことになるでしょう。 このチェック・ポイントを満足させることは、 Web ドキュメントを扱うことができるグループにとっての基礎的な要求です。
[優先度 2]
Web コンテンツ開発者は、 このチェック・ポイントを満足させるべきです。 そうしないときは、 いくつかのグループは、 そのドキュメントに含まれている情報にアクセスすることが難しいと 気付くことになるでしょう。 このチェック・ポイントを満足させることは、 Web ドキュメントへのアクセスに対する高い障壁を取り除くことになるでしょう。
[優先度 3]
Web コンテンツ開発者は、 このチェック・ポイントに できれば 本気で取り組んでください。 そうしないときは、 いくつかのグループは、 そのドキュメントに含まれている情報にアクセスすることが いくぶん難しいと気付くことになるでしょう。 このチェック・ポイントを満足させることは、 Web ドキュメントへのアクセスを改良するでしょう。

いくつかのチェック・ポイントでは、 (示された) ある条件のもとでは変わるかもしれない優先度を明確にしています。

優先度 1 のチェックポイント

全般 (優先度 1)

イメージおよびイメージマップを使う場合 (優先度 1)

テーブルを使う場合 (優先度 1)

フレームを使う場合 (優先度 1)

アプレットやスクリプトを使う場合 (優先度 1)

マルチメディアを使う場合 (優先度 1)

うまくいかない場合 (優先度 1)

優先度 2 のチェックポイント

In General (Priority 2)

テーブルを使う場合 (優先度 2)

フレームを使う場合 (優先度 2)

フォームを使う場合 (優先度 2)

アプレットやスクリプトを使う場合 (優先度 2)

優先度 3 のチェックポイント

全般 (優先度 3)

イメージおよびイメージマップを使う場合 (優先度 3)

テーブルを使う場合 (優先度 3)

フォームを使う場合 (優先度 3)